HOME > ネットワークしている団体 > 宮本三郎記念美術館

宮本三郎記念美術館と地域の会

miyamoto-kouzashitu.jpg 2004年4月に奥沢に「宮本三郎記念美術館」が誕生した後、何人かの有志が集まって、ここを宮本作品展示の場所としてのみではなく、この地域の人たちに対してさまざまな文化情報を発信してゆく基地にできないか、と館側に要望しました。幸いにも親施設にあたる「世田谷美術館」のご理解を得て、2007年からボランティア組織「宮本三郎記念美術館と地域の会」が発足し、地域にゆかりある方々にお願いしての講演会、映像作品映写会、コンサートなどの催しをこの会の企画によって行なってきました。

 この地域には、さまざまな分野で卓越した業績をお持ちの方が多く住んでおられます。
 こういった方々、あるいはこの方々と親しいご友人をお招きしての催しは、ほぼ隔月ごとに回数をかさねて、すでに十回以上におよび、定着したファンも得ています。
 「世田谷美術館」のブログや区の広報などを介して告知に努めてはいますが、宮本記念美術館のメールアドレス miyamoto.annex@rapid.ocn.ne.jp に、お名前、ご住所、メールアドレスを添えてお申し込みいただければ、催しの予告を毎回お受けになることができます。
同館のブログ http://www.miyamotosaburo-annex.jp/ でもご案内を見ることができます。また、「地域の会」は、毎月第1金曜日の午後4時から、各種催しの企画を相談する集まりを、同館1階で開いており、地域の方なら誰でも参加できます。ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

今までの催し

人ひろば vol.7 (2010.8.8)
植村功が語る「異文化との出会いと発見-1950年代のアメリカとイギリス-」
人ひろば vol.6 (2010.3.14)
平山一政が語る「いま注目!!日常に生きる蒸気いろいろ」
人ひろば vol.5 (2009.12.20)
内井乃生が語る「建築家・内井昭蔵がめざした人間的生活の豊かさとは」
人ひろば vol.4 (2009.10.24)
白木健一が語る「風野又三郎とジェット気流」
人ひろば vol.3(2009.7.12)
藤原智子が語る映画「ルイズその旅立ち」鑑賞とトーク
人ひろば vol.2(2009.6.20)
前根明と白石磐が語る「空の旅の舞台裏」
人ひろば vol.1(2009.4.26)
富田玲子が語る「居心地のよい暮らしの場をつくる」
2008.7.20 映画会「杉の子たちの50年」
2008.5.11 映画会「ベアテの贈りもの」鑑賞とトーク
人ひろば vol.7植村攻氏(写真提供:宮本三郎記念美術館)