HOME > ハウスの活動 > まちづくり

まちづくりのプロとして

専門的なスキルをお貸しします!

009.jpg玉川まちづくりハウスは、“すまいや身近な環境の改善や保全”に取り組む地域住民の活動を様々な手法でお手伝いする民間非営利の専門家組織として出発しました。
 今でこそ公的な拠点をつくる際には必ず、利用者や地域住民の意見を取り入れることが当たり前になっていますが、玉川まちづくりハウスが出発した20年前には、まだ端緒についたばかり。いちはやく取り組んだワークショップの技術や、「市民とともに考えること」を社会に広めることが大きな事業の柱でした。各自治体の事業を受託したり、国土交通大学校等で授業することなどを専門性提供事業として、収入の柱としてきました。
 行政からもいくつかの委託があり、民間のまちづくりコンサルタントと同様の業務を行ってきました。先進的なワークショップという技術とNPOという立場がこうした業務を獲得するのにプラスとなっていたのです。しかし、この数年行政からの業務委託の内容が変化しています。
 世田谷区のNPO団体とのネットワークを活かした業務の受託や地域のコミュニティをテーマにした課題など、よりハウスの活動実績に関わりの深い部分の委託事業にシフトしているのだと思います。この部分については大切に育てていきたいと考えています。

ネットワーク形成イベント

DSCF2377.jpg
 (財)世田谷トラストまちづくりは、まちづくり活動を進める多くの人たち同士の出会いの場を支援するために、「食べる」「ひらく」「集める」をキーワードに2009年、3回のイベントを開催しました。玉川まちづくりハウスは、その企画と運営を担当しました。

続きを見るtop_arrow.gif

楽々住ミナール

rakuraku.jpg
 世田谷区は、第10期住宅委員会に諮問された「世田谷区で推進する住教育のあり方について」に対し同委員会が答申した「はじめよう 住まい・まち学習」により、住まいや住環境などに関する学習機会を設けています。

続きを見るtop_arrow.gif

NPO提案型協働事業

DSCF1674.jpg
 2009年度から始まった世田谷区のNPO提案型協働事業は、世田谷区内のNPO法人が世田谷区といっしょに取り組みたい事業を提案し、連携して事業を行うという新しい試みです。

続きを見るtop_arrow.gif

世田谷区住まいまちづくり相談

juukankyokyougikai.JPG
 「住まい・まちづくり住宅相談ネットワーク」は、世田谷区の相談事業、住宅街づくり総合相談を担当する世田谷区NPO法人「世田谷まちづくり市民評議会」「せたがやオルタナティブハウジングサポート」「玉川まちづくりハウス」の3つで作っている団体です。住まいの困った!を、まちづくりに関わる建築士としてアドバイスしていくこと目的にしています。この「住まい・まちづくり住宅相談ネットワーク」で世田谷区の「楽々住ミナール」の事業を請け負っています。